■女性からの返信がないときは

出会い系サイトにいざ登録して女性にメッセージを送っても返信がないと嘆いている男性諸氏はたくさんいるのではないでしょうか。

出会いを目的として出会い系に登録しているはずなのに、なぜこんなに男性と女性の間でギャップが生じてしまうのでしょうか。

情熱に差があるのではなくて、女性は男性にメールを送りたくても遅れない状況になっているというのが正しいです。

その実情を知らずに女性にメッセージを送ってもほとんど返信してもらえず、イライラがたまる一方です。

ここでは、女性が男性に返信できない理由と、返信してもらいやすくなるコツを徹底的に解説していきたいと思います。

例えば、これは有名出会い系サイトに登録した女性の話ですが、顔写真を載せたとたんにあっという間にメールが来て50通以上も男性からメールが来たそうです。

さすがに多すぎるメッセージが届いたのでプロフィールを変更したそうですが、それでも20通以上届いたそうです。

出会い系サイトでは女性は貴重な存在として男性からお誘いがたくさんきます。

もしあなたが女性だったとして、毎日50通以上も送られてくるメールに返信できるでしょうか。

全部のメールに返信したとしても、簡単な文章でも1時間くらいはかかるでしょう。どういう相手かもわからないし、返信があるかもわからないような相手にこれだけの労力を割くことができるでしょうか。

私が女性だったらそんなことはせず、自分のタイプの人に自分のことをアピールするとおもいます。

これが記事の冒頭で記述した女性が男性になぜ返信できないのかと言うことです。

女性が男性から送られてくるメールの多さに返信させる気力も時間もなくさせてしまっているということです。

まず女性の目にとまらなければどれだけ情熱を込めたメールを送ったとしても返信してもらえません。

■ファーストメールの書き方

出会い系サイトにおける女性の置かれた状況を考えれば、何通も雑なメールを送ろうとは思いませんよね。

では具体的にどういう内容を書けば女性からの返信率が上がるのでしょうか。

●自己紹介する

ありきたりですが、まずは自己紹介をしないと相手にしてもらえる可能性が低くなります。

好印象を持ってもらうには、自分の名前を本名で伝えると言うことがあります。

本名を伝えることで相手に安心感を持ってもらうことができます。

さらに、女性と仲を深めていくときに、お互いの名前を呼び合ったり、ため口でしゃべり合ったりすることによりよりいっそう仲良くなれると思います。

そのために先に自分の名前を知ってもらっておくことにより、自分のことは○○ってよんでね!というかんじでフレンドリーな雰囲気を持ってもらうことができます。

●何が気になったのかを書く

出会い系サイトを始めたばかりの人は、プロフィールを閲覧していて、気になった人に、プロフィールが気になりました!なんてありきたりなメールを送ってしまいがちです。

プロフィールのどこの部分が気になったのかを具体的に書くことによって、他の人よりも優位に立つことができますし、相手の印象にも残って返信してもらいやすくなります。

まずは相手のプロフィールや自己紹介覧をみて、何が気になったといえば、相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

趣味や職業などが鉄板ネタですが、逆に言えば、他のライバルもその話題をネタにする可能性が高くなります。

なのでここでは拾える限り自由な発想で相手のプロフィールをみて、いろいろな話題を考えましょう。

もし自己紹介文から、相手の心に響くような情報を拾えなかったら、相手のプロフィールの画像をみてもアイデアを拾うことができます。

相手の肌が綺麗だとか、目鼻立ちが整っているだとか、ファッションセンスがいいだとか、活字だからこそいえるようなことを言ってあげれば、すごく喜んでもらえます。

もしも自己紹介やプロフィール項目などから、ファーストメールのネタが拾えなかったら、私がよく使っているテクニックとして、びびっときました!なんてのもありです。

●最後の一行が返信率を上げる

皆さん適当に書いてしまっているのが最初のメールの最後の一行です。

よかったら友達になってくださいとか、ありきたりなよくある言葉で締めてしまっている人が多いのですが、これでは他の人と差別化できずに埋もれてしまって返信率があがりません。

なぜなら、こういった適当な言い回しで最後の一行を占めると、女性側の心に響かずに返信しようという気にならないからです。

相手の女性からしたらメールはつまらないし、その割になんか軽いテイストのメールだし、何でこんなやつに返信しなきゃならないんだって思ってしまいます。

また人間というのはあまり他人に興味がなく、自分がどれだけ褒めてもらえるかに意識が集中しています。

つまり、丁寧なこりにこった文章を送ることにより、相手に、自分の熱意が伝わって返信してもらいやすくなると言うことです。

こういう風に相手の心に響くような心理テクニックを使うことにより、ファーストメールを返信してもらいやすくなります。

●ファーストメールは簡潔に書く

出会い系サイトのテクニックとしてファーストメールはなるべく長めの文章で相手のことを褒めるみたいなことが書いてありますが、それは間違ったテクニックだといえるでしょう。

長文メールに返信してくれるということは出会いやすい女性と言うことですから、フィルターの役割にはなりますが、そもそもたくさんの女性に送らなければならないので効率が悪いテクニックだといえるでしょう。

そもそも長文メールに返信し照れる女性よりも、ぱっとみの見た目で文章が長いだけで読んでもらえる可能性が低くなります。

それにすべてのメールの文章を長文のメールにしていたら、どれだけ時間が合っても書き切れないでしょう。

そういうことも考えて、ファーストメールの文章は10行程度に抑えておくのが大切です。

■出会い系におけるメールのやりとりのコツ

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのメールのやりとりでは、以下のようなコツがあります。

すべての項目で当たり前のようなことを書いていますが、その当たり前のようなことを自然に実践できる人が本当に出会い系サイトを使いこなせる人です。

なので、当サイトの記事を参考にして、ライバルを出し抜くテクニックを身につけて、いろいろなコツを身につけてください。

●丁寧な口調でメールを書く

丁寧な言葉遣いと言ってもビジネスシーンでお客様に対して使うような、ものすごくへりくだったような文章でなくても大丈夫です。

今のこの記事内容くらいの口調で十分です。

もちろん、ずっと最初っから最後まで丁寧な言葉を使う必要はありませんが、徐々に打ち解けるような言葉遣いになっていけば、とてもいい流れだといえるでしょう。

そもそもありきたりな丁寧な言葉遣いすらままならないような人は、相手にもしてもらえない可能性がありますから、言葉遣いというのはとても重要です。

なので、少なくともお互いの距離感が縮まるまでは、丁寧で親しみの持てる言葉遣いを心がけるようにしましょう。そうすることにより、相手に尊敬してもらいやすくなります。

●コピーはしない

ファーストメールからやってはいけないことは、コピペメールを送ることです。

すべての人に当てはまるような文章を書いても、個人に響くような文章になってないので、返信されずそもそも意味がありません。

ありきたりな内容で機械的な内容は何となく相手に伝わってしまうので、返信率が下がってしまうのです。

少しでも機械的な文章で中身がないと思われたらその女性から返信が来る可能性は低いでしょう。

せっかく文章を書くのですから、時間を無駄にしないためにも、きっちり相手のことを考えて心を込めて文章を書きましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで相手はこちらに親しみを感じてくれるようになります。最初の数通は一回は必ず相手の名前を書くようにしましょう。

デメリットとして、相手の名前を書きすぎると不自然さがでて、狙っている感が出てしまうので注意が必要です。

●相手の興味を聞く

出会い系サイトだけのテクニックではありませんが、相手に気持ちよくなってもらうには、質問のうまさが大切です。

そのためにも相手の興味がありそうな質問をたくさんしていくのですが、この質問を考えるのが意外と難しいのです。

例えば以下の質問はだめな例ですが何がだめかわかりますか。○○さんはイタリアン好きですか?

質問した側の想定で言えば、パスタが好きです、という答えが返ってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを考えていると思います。

この会話の流れって機械的で感情がこもっていないのであまり面白くないですよね。

女性側からしたら、こういったトークパターンは何十回もされているので、何のおもしろみもないのです。

いい質問文というのは自分の体験談を織り交ぜながら相手に質問をすることにより、イメージがわきやすいので、相手も興味をもってくれるのです。

●文字数を一定にする

2,3通目のメールからは文章量や時間などは相手に合わせることにより、よりいっそう仲良くなることができます。

例えば、相手が2,3行のメールだったら、自分も2,3行くらいのメールの文章量で返信することがテクニックです。

他にも、相手の返信ペースをみるというのもテクニックの一つです。相手が返信が早い人だったらすぐに返信して、遅い人だったら一呼吸置くくらいがいいでしょう。

ですが、文字数にしてもメールの返信ペースにしても相手に合わせすぎると狙っている感がでてしまうので、ほどほどにしましょう。

●楽しいときにあえて中断する

お互いが飽きるまでメールをやりとりする人がいますが、あまりいいことではありません。

なぜなら一番楽しいところはピークが過ぎてしまったので、次にメールするモチベーションがなくなってしまうからですね。

最初はすごく楽しかったけどなんか飽きてきちゃったと思われてしまったら、次のメールにつながりにくくなってしまいます。

マンネリ化を避けるためには、楽しいピークの時にあえてやりとりを中断するというテクニックがあります。

明日朝早く起きなきゃいけないとかもっともらしい理由を付けることにより、簡単に中断することができます。

●サイト内でのやりとりから直接やりとりに切り替える

出会い系サイト内でのメールはあまり掘り下げないで、個人的なアドレスでやりとりすることにより節約になります。

男性がメールの一通当たりに対してお金がかかっていることを知っているので、個人的なアドレスでやりとりしてくれやすいでしょう。

なので、この人とだったら仲を深めてもいいと思ってくれたら、直アドの交換もしてくれるでしょう。

10通以上やりとりをしても直接やりとりに切り替えないときは、相手の女性も男性に対してあまり好きではないのかなと思われてしまいがちです。

女性はそもそも出会い系サイトでの出会いに対して最初から不安感を感じながらやっているものです。

じわじわ仲良くなれたら仲良くなってもいいけど、すぐに会いたいと行ってくる男性はあまり信用していないというのが女性側の心理です。

なので、じわじわと女性の距離を縮めて、心を開いてくれるのを待っていることが大切です。

以上のルールを守ってメールをするだけで女性からの返信率は相当高くなります。

さらに、そこから返信率がよかった女性に積極的に返信することにより、さらに返信率を上げることができると思います。

●既婚女性

女子大生と主婦はいろいろな理由でメールの返信率が高いのですが、以下のような理由によります。

女子大生の返信率が高い理由は、まだ若いので好奇心が旺盛で、何もかも新鮮に思えてしまうからです。

また、若い人は嫌な人間だと思われたくないと思っているので、30代の大人などと比べて返信率に如実な結果として表れるのです。

さらに主婦ですが、女性というのはいくつになっても男性からの視線をもらいたいと思っています。

ですが、結婚して家庭に入ってしまうと女性としてちやほやされるどころか女性としてみられる機会も少なくなってしまうので、男性に異性として意識してもらうだけで飛び上がるほど嬉しいのです。

そもそも家庭を持っている主婦が異性との交流を求めて出会い系サイトに登録している時点で、ちやほやされたいという欲求があるので、簡単に落としやすい対象といえるでしょう。

●夜遅くにサイトを使っている人

朝7時くらいから夕方の5時まで仕事をするという一般的な人間の生活の中で21時以降というのはとてもプライベートな時間帯だといえるでしょう。

好きなテレビや録画しておいた映画を見る人もいれば、ゲームをしたり、自分の趣味の時間に費やす時間帯です。

そんな完全にプライベートな時間を使える時間帯に出会い系サイトにログインしている女性ってどういう女性だと思いますか。

もちろんそれぞれ個人的な理由があると思いますがが、唯一共通しているのは、真剣な出会いにしても、エッチな出会いを求めているにしても、男性との交流を求めている女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会い系サイトを使ってくれている女性に対して、真剣なメールを送れば簡単に返信してくれるでしょう。

また人間の動物としての本能として、夜に行う行為は本能的になりやすいという、心理学もあります。

太陽がまだ照っている時間帯だったら、理性がかかるところを、夜であれば逆に本能的な行動になりやすいということです。

以上のような理由から夜21時以降は、まさに男女のゴールデンタイムといっても過言ではないでしょう。

●あなたとの共通点

似ている職業だったり、出身地が近かったりなど、あなたと女性との間に共通点が多ければ多いほど、相手の返信率が高くなります。

そこに住んでいた人にしかわからないようなcmなどの話は特に盛り上がりやすいですので、そういった地域の話をして盛り上がりましょう。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

●相手を思い通りに操るテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、自分の思い通りに相手との会話を誘導するテクニックはなかなか難しいと思います。

ですが、もしそれが簡単なテクニックですぐに実践できるテクニックだったら、あなたもすぐに実践したくなると思います。

相手の会話を誘導するテクニックのコツは、相手の会話のすべてに返しのパターンを準備しておくことです。

例えばメールの中で相手の名前を聞いたときに、相手がすぐに教えてくれるときと、不信感を抱いて教えてくれないときがあります。

このとき教えてくれなかったからといって、もたもたしてしまった返信をしてしまうと、相手に不信感を抱かれしまいかねません。

しかし、相手の返信に対して、思いつく限りのパターンを用意しておけばどんな変事が起きても余裕を持って返信することができます。

そうすれば相手がどのような反応をしたとしても、最終的にあなたが導きたいポイントまで持ってくることができるはずです。

実はこの手法は営業マンなどはよく使っている手法で、誰にでもすぐにマスターできます。

●相手と仲良くなりたいという気持ち

ここまでの内容はいかがでしたでしょうか。あなたが本当に望んでいるテクニックが手に入ったでしょうか。もし満足していただけたなら大変嬉しいです。

ただ、ここまでいろいろなテクニックを紹介してきてなんですが、純粋に相手を思う気持ちがあれば自然と伝わって返信してもらえるようになります。

なぜかというと、相手の性格も千差万別ですし、会話の内容も無限にあるので、このテクニックをつかえば落とせるみたいなのは存在しないからです。

自分の体験談で、科学的な検証をしていないのですが、自分の情熱があれば、相手もそれに答えてくれて返信してもらいやすくなります。

プライベートなアドレスに移行したら、注意したいことは、傲慢な文章を書かないことです。

直接のアドレスでやりとりをするようになったからといって、傲慢になって自信過剰なメールの文章をおくると嫌われてしまいがちですから、注意しましょう。

返信率の高いメールの書き方などは確かに存在しますが、理論ばかりを気にしていると、人間的な大切な部分がおろそかになりがちですから、謙虚な姿勢を貫きましょう。

出会い系で女性とつながりやすくなるコツはこの人と仲良くなりたいという本能から出てくる好意です。

だからこそ出会ったときに楽しいひとときを過ごせると思いますし、幸せなカップルになれると思います。