■優良サイトの選び方

出会い系サイトをいざ使ってみようと思ったときに、一番最初に悩むのがどこのサイトに登録すれば一番出会いやすいのかということです。

雑誌の広告や看板広告やインターネットの広告など、いろいろな優良サイトの調べ方がありますが、結局情報量が多すぎてどこのサイトがいいのかわからないですよね。

そこで、そんな出会い系サイトに迷っている人のために、本当に優良なサイトの選び方を細かくコツなどを解説しているので、これから使おうと思っている人は参考にしてみてください。

以下の解説を読めば、優良サイトに登録して自分にぴったりの相手と出会えると思います。

●出会い系サイトの選び方が重要

そもそも、なぜ出会い系サイトの選び方を身につけておかなければいけないのか知っていますか。

出会い系サイトは料金が安くて会員が多いところに登録しておけばいいと思っている人がいますが、全くそんなことはなく、多角的に選ぶ必要があります。

出会い系サイトにはちょっとコツを覚えればすぐに出会うことができる本当に優良なサイトと、何をしても全く出会えないサイトの二つに分けられます。

前者のサイトは本当に出会いやすい登録者数が1000万人規模のサイトで、後者はスパムメールなどを大量に送ってくる悪質サイトです。

後者のサイトは完全に出会いなんて全く考えておらず、そもそも女性の利用者がいないワンクリック詐欺などをおこなっているサイトです。

こういうサイトは女性の利用者がそもそもいないので出会う出会わないという次元ではなく、サクラばかりです。

もしあなたが本当に出会いを探し求めているのであれば、悪質サイトに登録することだけは避けなければなりません。

そのために、出会い系サイトやアプリを選ぶ目を身につけておけば、本当に優良なサイトに登録して出会いやすいサイトを利用することができます。

●会員数が多いサイト

知名度や会員数の多さは出会い系サイトの選び方で最も重要といってもいい要素です。

知名度が高くて会員数が多いサイトであれば、貴重な女性登録者数もその分多いと言うことなので、出会いやすいサイトといえるでしょう。

男性にとって出会い系サイトの登録者数が多いと言うことは女性が多いと言うことなので、出会いやすさに比例します。

ちなみに、どれくらいの会員数がいればいいのかというと累計の登録者数が300万人以上いれば圧倒的に出会いやすいサイトといえるでしょう。

数百万人以上という会員数はこれまでの累計登録者なので、常にこの人数がサイトを使っているわけではありませんが、それでも一日当たりの利用者数は数千人を超えているでしょう。

他にも知名度や会員数の他にも運営実績もみてみると本当に優良なサイトを見極めることができます。

運営実績の基準としては10年以上も運営されていれば、大量に生まれては消えていくサイトのなかでも本当に優良なサイトといえるでしょう。

運営実績がある老舗の出会い系サイトは24時間のサポート耐性が完備されているので、安心して利用できるサイトが多いです。

長い運営実績があると言うことは、ちゃんと意味があるということですね。

●トップページに会社の情報

商売をネット上で行うときは商取引方の記載が法律で定められています。

出会い系サイトというものも、簡潔にいうならば異性を紹介する商売と言うことになりますから、ちゃんと届け出をださなければ運営することができません。

逆に言うならば、特商法の記載がないサイトというのは違法に運営されていると言うことになります。

インターネットで何らかの契約を結ぶときはトラブルが生じやすいので、事業者は消費者に特商法に基づきサービス内容を詳しく解説しなければなりません。

特商法に照らし合わせてワンクリック詐欺を考察してみると、消費者に対してサービス内容などを書いていないので、無効になります。

金銭が発生することを別のページで表示するなどというのも、消費者にわかりにくく表示しても契約無効になります。

それから会社概要についてですが、出会い系サイトを運営するためには会社名や住所や電話番号などの記載もしなければなりません。

住所は丁目や番地の他に建物名なども記載しなければなりませんが、悪質サイトの場合はこのページすらないところが多いでしょう。

会社情報が書かれていたとしても、バーチャルオフィスなどを記載しています。

悪質サイトの住所をネットで調べてみても、会社があるような場所ではないということが往々にしてあります。

悪質サイトは人から金銭をだまし取ることを主としているので、会社概要や特商法などの記述がないサイトは利用しないようにしましょう。

もちろん優良の大手の出会い系サイトは特商法が明確に記載されているので、安心して利用することができます。

●利用規約が書いてあるか

利用規約の表示は会社の義務なので、優良出会い系サイトには必ず記載されています。

ですので、利用規約の表示がなかったりする出会い系サイトは悪質サイトの可能性があるので、登録や利用は控えましょう。

出会い系サイトに限った話ではありませんが、多くの人が利用規約なんて読むはずもなく登録したり利用したりしています。

ですが、悪質サイトの場合はあえて利用規約に高額な料金が発生することを書いて、ぼったくろうとしてきます。

そして、りようきやくにこれこれこれだけの金額がかかると書いてあるからという理由で高額請求してくるわけです。

悪質サイトなどのトラブルに巻き込まれないように利用規約は必ず確認するようにしましょう。

●有料サイトの方が安心して使える

インターネットの黎明期であれば、無料サイトでも興味本位で善意で運営されていたサイトがたくさんあったのですが、最近はお金にならないので、悪質サイトばかりになってしまいスパムメールや有料サイトへの誘導で稼ぐようになってしまいました。

無料で女の子と出会えるという広告は魅力的ですが、実際に無料サイトを使ってもそもそも女の子が存在していないので出会うことはできません。

有料サイトはどうしても費用がかかってしまいますが、その分いくらでも女の子がたくさんいるので、何人とでも簡単に確実に出会うことができます。

有料サイトでかかる費用は女の子とこれだけで会いやすいので、とてもリーズナブルだと思います。

ですが、かけ離れた高額料金を取るサイトはあまりいいサイトではないので、注意しましょう。

例えば、有料の老舗のサイトだと、メール送信にかかる費用は50円くらいです。高くても80円くらいです。

悪質サイトでメールを送ろうものなら200円とか300円くらいかかってしまうこともあります。

そしてそういった高額請求をしてくるサイトというのはサクラばかりがいるので、出会えません。

そういう悪質な高額請求してきてサクラばかりのサイトを使うよりも、月に数千円くらいのポイント制の大手サイトを使った方が圧倒的にメリットがあります。

ちなみに都度払いのポイント制のサイトか定額制の月額サイトか、どちらがお得に使えて出会いやすいのか迷う人はいるのではないでしょうか。

結論からいうと、ポイント制のサイトは出会い系サイトになれている人や、安上がりで使い方を身につけている人、定額制のサイトは初心者の人や真剣な恋人を求めている人におすすめです。

ポイント制のサイトは都度払いで使いたいときに使いたいだけ使うことができるので、出会いのテクニックがある人はお得に使うことができるでしょう。

ですが、初心者の人が使うと、思ったよりもポイントを無駄なところで消費してしまうので月額制のサイトの方が安上がりに出会うことができます。

定額制のサイトはどんな機能も使いたい放題で初心者向きですが、会員数がすくないというデメリットがあります。

なので、自分の理想の出会いを見つけるまでに時間がかかりやすいというデメリットもあります。

ポイント制も定額制も一長一短がありますので、とりあえず少し使ってみてどちらが自分に合っているのか試してみるというやり方もおすすめです。

●姉妹サイトがない

これは無料サイトがよくやっているテクニックですが、一つのサイトに登録したときに別のサイトに同時に何個も登録させる手法です。

そして、そのサイトではなく、別に同時登録されているサイトから一日数十件単位でメールが送られてきます。

もちろん、その数十件のメールはすべてサクラから送られてくるメールなので返信してもお金がかかるだけです。

同時登録というのは悪質サイトしかやっていない手法なので、同時登録しているサイトがあったら、登録するのをやめておきましょう。

この同時登録という悪質な手法は、昔は一時的にはやりましたが、今でもやっているサイトがあるので、登録する際は注意しておきましょう。

●年齢認証している

出会い系サイトの法律により、出会い系サイトを使う人は必ず成人している必要があります。

なので、登録時に年齢認証をしなければならないサイトは法律をまもっている優良サイトといえるでしょう。逆に年齢確認をしていないサイトは不法サイトなので注意しましょう。

ちなみに、出会い系サイトが年齢認証をしていてもしていなくても、未成年との性交渉は違法行為なのでやめておきましょう。

●出会い系を比較しているサイトから選ぶ

もちろん当サイトのようなランキングをしているサイトから本当に使えるサイトを選ぶことも一つのいい選び方です。

なので、もし自分で出会い系サイトやマッチングアプリを選ぶのが面倒だったら、ぜひ当サイトが紹介している出会い系サイトを使ってみてください。

ちなみに、簡単に出会えるサイトというのは、出会い系歴の長い私でも今まで一度もみたことがありません。